宅建合格後、どんな求人を探す?

宅建合格後の進路といえば、不動産業界が圧倒的多数を占める答えとなります。

不動産業界の求人について

特に、戸建て住宅ないしマンションのような集合住宅の売買を事業としている不動産会社がそのステージとなります。言い換えますと、マンションやアパート等の賃貸物件関係の事業しかやっていないところについては、宅建合格者には縁が薄い会社ということになります。

不動産業界からの求人は、全国どこに行ってもお目にかかれます。宅建の資格があるだけで、ない志望者よりは数歩先んじた状態で選考に臨めるチャンスです。
それでは不動産業界以外で求人を探すとなったら、どんな業界が出てきそうでしょうか。

金融業界の求人について

金融業界は、不動産と切っても切れない関係にある業界。銀行や証券会社、あるいは保険会社にしても、不動産が資産として登場する機会はよくあります。もしくは、投資の対象として出没することだってありえます。
そのほかに不動産が絡むのは、住宅ローンでしょう。住宅ローンに手を染めている企業だったら、それだけで宅建の知識があるに越したことはないものです。

金融業界の求人は、不動産業界と比べて多少探しづらいことがあるかもしれません。業種が複数にわたりますし、宅建と無関係の職種や部署も混ざってくるからです。ハローワーク、あるいは求人誌や求人サイト等を使うにあたっては、ある程度求人を見分けるための「慣れ」が必要でしょう。

建設・建築関係の求人について

これらの企業では、宅建が必要となる範囲はけっこう限定されます。
たとえば、つくり上げた建物を自社内で売る企業もあります。こうなると社内に宅建を保持している人材を常駐させる必要が出てくるのです。

とにかく求人を探すときは、数が少ないことを念頭において探さないといけません。簡単には出てきませんから長期戦になることを前提にして、いろいろな媒体・方法を使って探すことが大事でしょう。