求められるのは「応用できる知識」

さて、これまでのお話ではずいぶん「宅建試験は問題演習が基本」ということが強調してまいりました。しかしながら、そのことを頭では分かっていても、いざ学習を初めてみると

「基本的なこともまだ覚えられていないから、問題解くのは早いよ」
「今、問題を解いてもどうせボロボロだろうし、まだいいや」
「ぶっちゃけ問題演習なしでも、テキストに載っていることを覚えれば合格できるよね」

など、問題演習をメインにした学習に取り組めない受験生というのは意外と多いものです。
「取り組めない」というか、やっぱり“インプット>アウトプット”の概念が強いのでしょうか。宅建試験に出るか分からない問題を解くよりも、重要事項をチェックすることに力を入れた方が得点につながるのではないかという考えから、脱せない方はたくさんいらっしゃいます。

ここであえて厳しいことを言えば、いつまでもインプットに偏った対策ばかりを積み重ねる受験生というのは、いわば「不合格予備軍」。宅建試験においては、テキスト内に並ぶキーワードをそのまま覚えているだけでは、合格ラインを通過することは不可能です。
実際の出題形式に慣れ、パターンとして解答を導き出せるようになることで、ようやく、本試験で戦えるようになるのです。

料理でも建築でも何でもそうですが、教科書通りの手順をインプットしているだけでは、なかなか納得のいくものを作ることは出来ません。何度も実践を繰り返す中で、「こういう場合にはこのやり方」という感覚を身体で覚えることで初めて、どんな時にも失敗なくやり遂げることが出来るようになります。

宅建試験においても、基本的には同じことが言えると思います。“文字”として知識を習得していても、実際の出題で多少アレンジを加えられて問われたら、どのキーワードや考え方が求められているのか分からないものです。宅建本試験では、極度の緊張の中、限られた時間内に正答を導き出す必要がありますから、問題に対して即座に対応できるレベルでの知識が必須であると言えます。

 今まさに試験対策に挑まれている受験生は、多少知識に自信がなくとも、まずは問題演習をスタートさせてみて下さい。アウトプットの中で得られる知識というのも確実にあります。宅建本試験においては、そんな「実践力」がモノを言うのです。