買いたいのはこんなテキスト

宅建のテキストの選び方決め方の、合格者からのアドバイス

宅建のテキストを使うときに勘違いしないでほしいと思うことがいろいろとあるので、このページにまとめて書いておこうと思います。最近も、宅建の勉強をはじめたばかりの人や去年の試験に失敗した人に出会いましたが、テキスト選びで間違いを犯していると思わざるを得ませんでした。これから受ける人には、テキストを絶対に間違えないでほしいですね。

選ぶときは、必ず時間をかけて、さらに直接目を通して選ぶ

テキストは今ではほうぼうから相当な種類が発行されています。その全部に目を通すことはとてもできませんから、どうしても世評を頼りにするのは致し方ないでしょう。
しかし、ネット上の口コミ等は誰が書いているかわかりません。話半分に聞く注意も必要ですね。
本屋でよくめくったり、図書館や古書店で入手して参考にしたりするのもいいでしょうし、販促資料として、あるいはオンラインで、一部のページを読めるようにしている業者もいますね。
それらをよく利用するに越したことはないでしょう。

※なお、図書館や古書店で費用をかけずに読むのはいいですが、古いものが多いです。古いものをいつまでも使うのは絶対にいけません。1年違うだけでも、1年前の法律に即した内容です、それでは正確な受験対策ができません。

「わかりやすさ」は当然最優先、ただし徹底的こだわること、さらに「飽きにくさ」「読み続けやすさ」も忘れずに

書いてあることがわからないのでは無意味ですね。わかりやすさにこだわるのは当然ですが、ちょっとくらいのわかりやすさではおそらく足りません。
たとえば、わかりやすくするために「図表やイラストを入れる」「文字や装丁に、たまに赤のような目立つ色を使う」といった工夫は、最近ならたいていのテキストで行われています。

しかし、今ではそこから一歩踏み込んだ工夫がほしいところ。最近は、3色以上も目立つ色が使われた贅沢なテキストも登場しているのです。このようなテキストの場合、わかりやすさのほかに「何日読んでいても飽きてこない」「集中力が途切れない」なんて効果もあることがわかっています。

1冊で分厚くて重いよりも、数冊で薄くて軽いほうが身のためである

宅建の試験範囲も、結局はかなり広いです。必要な範囲だけを挿入しようとしても、どうしても相当のヴォリュームになってしまうことは間違いありません。しかしそれを1冊に入れようとすると分厚く重いテキストになってしまいます。数冊に分かれているほうが、机の上で開くにしても持っていくにしても楽ですね。

※実はこの「持っていく」ことが大事です。宅建の合格者の中には、仕事の際に持って行って勉強したり、休日に図書館や自習室等に行って勉強したりした思い出を語る人がたくさんいます。外でも勉強することで、勉強時間は総合的に増えるわけですね。