宅建の勉強法をマスターしよう

宅建の勉強は問題集に始まり、問題集に終わる

宅建の試験勉強は、テキストよりも問題集を重要と考えて、問題集を解くことを中心に進めていく必要があることは、前のページで説明しました。
では、具体的にどのように学習を進めていくのかを解説しましょう。
まずは、問題集をテキストのように使う、基本の学習法をマスターしてください。

最初に問題集をテキストのように読んでみる

問題集は、宅建試験に合格するために必要な知識を、最も的確に集約したものであると考えます。
学習が進んでくるうちに分かるのですが、過去に本試験に出題された問題と、テキストで重要とマークされた項目とは見事に一致するはずです。
ということは、問題集(過去問)を読み込んでいけば、毎年どのような問題が出題されているのか、その傾向をつかむことができて、しかも重要な部分だけをピンポイントで憶えることができるわけです。

勉強を始めてすぐに問題集を読んでも、当然のことですが全く理解することができません。最初は問題を解くことが目的なのではなくて、どの科目がどのようなパターンで出題されるのか、その傾向をつかむことなのです。
細かいところまで熟読する必要はありませんが、2回目にそのページを読んだときに『前に読んだことがある』と記憶に残る程度でOKです。

問題集を解きながら、テキストの該当項目をチェックする

今度は本格的に解き始めるのですが、ほとんどの人はここでも全く解答できないので、確実に焦ってしまうことになります。
その焦った状態で、初めてテキストを開くことがポイントです。

自分が間違えた問題だけをテキストでチェックしていくことで、四点をピンポイントで憶えることができて、しかも焦りを感じているのでかなり集中して取り組むことができます。それだけ記憶に残りやすい状態なのです。

問題を解けるようになることが最終的な目標ではありますが、最初は問題集とテキストを往復しながら学習することで、基礎の知識を固めていく作業を進めていきます。問題を間違えれば間違えるほど、知識は確実になっていきますので、間違えを恐れず、何度でも問題集とテキストのチェックを進めましょう。
宅建の試験勉強の基本は、この繰り返しになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です